ブライダル関連のビジネス | 女性の夢と仕事の関係

ブライダル関連のビジネス

女性には、各年代それぞれの夢というものがあります。そんな、特に若い女性の夢のひとつでもある結婚。最近は催し会場や内容が多様化してきている事から、値段も割安を実現。夢を現実にしている方も少なくありません。
そんな結婚を支えるのが、ブライダル関係の仕事に就いているプロの方達。計画、予算、そして実現にいたるまでを納得がいくまで考え実行します。
なかでもウェディング・プランナーなどは専門学校を卒業後、ホテルなどに就職。 ホテル業界などと根強い信頼関係を築いているので、卒業後のサポートもバッチリ!というのをウリにしている事も多いようです。
もちろん、未経験からホテル業界に入社。そこからウェディング業界に転身するという人も少なくありません。
その証拠に、ウェディングシーズンには未経験OKのバイトも意外と多く、日給8千円から1万円ほどでカメラマンのアシスタントや照明のアシスタント、ウェイターといったものの補助的業務を仕事がてら学んでいるという人も多いといいます。
また、直接的なものよりも裏方業務が好きというならば、WEB関係やデザイン関係の仕事に就くのもおすすめです。パソコン業務が主で、ウェディングをプロデュースする企業などからの依頼でメッセージビデオやプロジェクター用のビデオなどを作成します。最近はそういった業務も未経験から扱ってくれる企業も増えています。
女性の好みや考え方は近年多様化し、夢はお嫁さんという人もいれば、人の役に立つ仕事や人の願いを叶える仕事をするのが夢だという人もいます。こうしたブライダル関連のビジネスは、そういういろいろな人の夢を叶えるフィールドなのですね。
関連サイト→年代別女性の生き方

Write a comment