夢を持つことの大切さ

夢を持ってそれを実現させている人生というのは、とても有意義なものです。看護師になる夢を持って看護師になった人もいれば、いつの間にか気が付いたら看護師の道を選択していたという人もいるでしょう。自分では看護師に向いているかどうか分からないけれど、手探りで仕事をしているということもあるかもしれません。
でも看護師というのは手探りで出来るような仕事では、本来は無いわけです。そのため仕事をきちんとこなせているということは、看護師という職業が向いていると言っても過言ではないでしょう。ですので、自信を持って看護師として働いていってほしいと思います。
また、看護師になってからも夢を持つ人はとても多いです。看護師になるという夢を叶えた後には次の夢があるということもあるのです。
看護師の中で更にレベルアップするというような夢もあるでしょう。でもそれは夢というよりも目標に近いものかもしれません。本来は叶えにくいものが夢であり叶え安いものが目標というようなイメージがあります。でもそれは人それぞれの考え方ですから、夢を今までにたくさん叶えてきた人から見ると夢というものは叶えるためにあると思う気持ちがあるかもしれません。それはとてもうらやましいことです。
中には諦めなければいけなかったというようなこともあるかもしれません。でも今看護師として精一杯働いているという現実があるのでしたら、その人は夢を叶えたということになるのです。そのため、胸を張って仕事をしていくことが出来るでしょう。夢を持つということは、どんな時でも必要なことだと思います。それによって気持ちが前向きになれることが多いからです。

Write a comment